使い方を考慮してファクタリングの即日現金化を検討

ファクタリングと電子化された受取債権を期日前に現金化する金融システムのことをいい、金融調達のひとつの手法であるといえます。ファクタリング会社により金利や現金化するまでの日程・期間は異なっているため、ここに競争原理が存在しより有利な方法にて資金を調達しようということになります。


一般的なファクタリングの現金化の期日は申込から2営業日あとに銀行口座に振り込まれるということが多いようです。

中小企業によっては、この2営業日という現金化されるまでの期間が悩ましいという企業も少なくないといえます。給料支払いや手形決済等の資金繰り面を考慮すると、できるだけ日数をかけないで現金化してくれたほうがよい場合があります。

その場合はファクタリング債権発生と同時に資金を現金化し即日に銀行に振り込みする形式を選択すればよいのです。

今までになかった即日のファクタリングならこちらのサイトがオススメです。

即日現金化する方式は取引会社ごとに選択し、売上債権の大小も加味したうえで検討していけばよいと思います。

即日現金化を選択するということは、期日までの金利相当分が引かれた状態にて銀行口座に振り込まれることになるから金利負担が増加することになり損益状況にはマイナスに働くからです。



企業には個別の資金繰りの特徴があるはずです。
その特徴と照らし合わせたうえで、極力金利負担がかからない方向でファクタリングのシステムを個別に検討していくことが企業に勤務する財務担当者・経理担当者の腕の見せ所だといえるのではないでしょうか。