歴史のある街神楽坂で鉄板焼き

神楽坂は東京都新宿区の北東部に位置しています。
江戸時代は寺社地として、また武家屋敷などでにぎわっていたといわれています。


明治時代頃から商店街ができ、1923年関東大震災の後、花街として栄えました。


現在は商店街となり、飲食店や料亭などが多く、にぎわいを見せています。


神楽坂には様々な鉄板焼き屋さんがあり、お肉やお魚、野菜などの素材のおいしさや、こだわりあるお料理を食べることができます。

記念日に鉄板焼きの関連情報がご覧になれます。

神楽坂というと大人の街という印象があります。

近辺には、大正時代に栄えた花街の名残りである路地が残されています。

関東大震災を境に、銀座や日本橋の方から多くの商人が流れてきて飲食店が多くなりました。

YOMIURI ONLINEのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

「山の手銀座」と呼ばれ、様々な小説や物語にも登場しています。

表通りから入った路地には、とても静かな風情のある雰囲気があります。

江戸時代、明治時代に作家や詩人などが住んでいて、その情緒ある趣が残されています。

明治時代の尾崎紅葉や泉鏡花の旧居は、それぞれ新宿区の指定史跡、登録史跡になっています。

また毘沙門天善国寺や赤城神社などの寺院があり、その歴史の趣を深めています。

東京理科大学や日仏学院などがあり、学生やフランスの方がいるということもあり、現代ならではの雰囲気があります。
神楽坂に鉄板焼きのおいしいお店が多くあるのは、築地などの市場が近く、また歴史のある街に合った和のテイストやこだわりがあるのかもしれません。
鉄板焼きの定番であるステーキやお好み焼きも楽しみですね。