ファクタリングで即日現金調達

借金せずに資金調達できるのがファクタリングです。

ファクタリングの比較を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

ファクタリングとは売掛金を譲渡する事で、即現金化し資金調達できるサービスです。

アメリカでは100年以上の歴史があり、日本で本格的に需要が高まったのが2000年初頭です。金融機関のとは審査基準が全く異なる為、即日の資金調達も可能です。
借入金ではないので負債にもなりません。


また、信用機関に利用履歴が残る事もありません。
支払期日が迫り現金が確保できていない時はすぐにでも資金調達したい所です。


金融機関に相談し決裁が下りたとしても以降元本と利息の支払いが待ってます。
ファクタリングした事で取引先から信用を失う事はまずありません。


売掛先に通知せずに実行するのが主流となっております。

更に売掛債権の利用促進は国の施策となっており経済産業省中小企業庁は売掛債権担保融資保証制度を創設しました。



こちらは売掛債権を担保提供し保証協会が保証を行うもので借り入れとなってしまいます。

沢山の書類提出や審査があるので即日はほとんど不可能でしょう。

ファクタリング業は上場企業のグループ会社も続々と参入してます。

歴史が浅く大きな問題が多発してる事もないので法的規制は少ないです。
気を付けたいのが法外な手数料を取る悪徳業者の存在です。



申込み前に健全性を確認します。

会社情報の確認や電話対応、特に意識したいのが手数料です。最初に開示された手数料と契約直前に開示された手数料が異なった場合は要注意です。

今すぐ必要な資金はファクタリングで即日賄う方が以降の資金繰りの改善率も上がり、事業計画も立てやすく経営のフットワークが軽くなります。